~パチスロ9月16日からの内規大幅変更について~

■パチスロ9月16日からの内規大幅変更について

9/16からパチスロの内規が大幅に変更されるようです。

業界で働いている友人に話を聞くと
かなり業界内でもその話で持ちきりだそうです。

高純増のAT機などが出回り歯止めをかけるための規制かと…。

初期のリンかけやエヴァなどのまったり5号機達は何だったんでしょうね。

特に近日導入されるドリームジャンボ(JPS)なんかは
爆乗せ仕様のやりたい放題な台らしく、
この台も今回の内規変更に少なからず影響を与えているとのことです。

全然導入されなそうなマイナーな台で勘弁して頂きたいです。

順番に解説していきますね。




---------スポンサードリンク---------

【今回の大きな変更点】
●検定通過テストの試打の際に押し順ナビに従わず「順押し」だけで消化して下限出玉率が「55%」を下回った機種に関しては検定を通過することが出来ないそうです。

要は高純増の台は
出せなくなりそうということですね。

友人の話ではこれからの検定を通過する台のイメージとしては、
初代エウレカや初代モンハン、
初代鬼武者のような台が多くなるのではないかという話です。

擬似ボーナスタイプはなくなる可能性があるとの事です。

初代ばっかりですね…(笑)

個人的には嫌いではないんですが、
この手の台は強力な天井が搭載されているタイプが多かったので
そこは継承してもらいたいです。

設定狙いの人には、
今の荒波な高純増AT機よりは設定判別の面で良いのかなと感じますが、
この内規により稼働が落ち、
お店が回収出来なそうだと高設定の配分が落ちるかもしれません。

この事態から近日導入予定だった新台が納期を伸ばしたり、
ハーデスなどの人気AT機の中古台の価格が高騰しているそうです。

納期を伸ばしているのは
後々に高純増AT機が重宝されるだろうというメーカーの予想をもとに
出来るだけ納期を伸ばしたいとのことです。

また、内規変更のギリギリを狙って、
噂ではゴッドのポセイドンバージョンなんかが滑り込みセーフを狙っているとの話も聞きました。

ただ、今回の内規変更はかなりきゅうだったらしく、
すでに企画化されていたものなどはボツになることも多々あるようです。

まあ、年内一杯はホールではそこまで変化はないかもしれませんが、
年明けくらいからはかなり新台の様子がガラッと変わりそうですね。

ちょっと聞いた話を頭で整理しながら書きましたが、イマイチ伝えられてない気がして不安です。

また、詳しく情報が入り次第更新したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す