【北斗の拳 強敵|設定狙い】設定6稼働メモ

北斗の拳 強敵
©SAMMY

昔のマイホが最近設定を使っているとの情報を知ったので参戦してきました。

以前は分かりやすくイベント示唆的なことをやっていたのですが、同業者(他ホール)によるチクリ?により指導が入りかなり分かりづらい形での示唆を行っています。

朝一は抽選による入場システムで、関東ではよく見かけるボタンを押して抽選するタイプですね。
※他の地域はちょっと自分には分かりません




---------スポンサードリンク---------

この日は、「北斗の拳 強敵」がイベント示唆でしたが、運良く「4番」をGET。

パチンコ・スロットと共同の抽選なのですが、偶然にも前の推定50代のおじさんが3番で如何にもパチンコに行ってくれそうな印象…。

2番は知り合いのプロの方が引かれていました。

顔馴染みの常連さんと一緒に来ていて、いつもの配分だと20台島に設定6が2台くらい入るといった感じ。

計40台なので4台は入ると予想。

確率的には1/10とそこまでですが、クセが強いホールなので狙い台を絞れば片島で4分の2や5分の2程度で設定6を座れるかなという感じです。

抽選もそこまで多くないので、激熱イベントであぶれるよりも僕はこっちの方が断然良いです。

所謂「上げ狙い」がかなり有効なホールなので、ホールデータで過去10日分くらいのデータを吟味して候補台を選定。

シマA…20台、シマB…20代といった感じで計40台だったので、狙い台が少なく絞りやすかったシマBの方(特に強い台が2台)に行くことに決めました。

2番の知り合いの方は、自分が行こうと思っていたシマの逆サイドに行くとの事だったので競合はしない感じでした。

入場してみると1番の方はパチンコへ、3番の方は案の定パチンコのシマへ。

危なげ無く自分の1番行きたかった台に行けました。

1番目の台を選んだ決め手は、周りに狙い台となる台が皆無だったこと…。

入れるならココしかないといった理由からです。

40台で4台の設定6を入れるなら比較的散りばめてバランス良く入れくれるホールだということも理由です。

実践結果

実践に関しては簡易版でお伝えします。

今回は、特に稼働記事で書こうと思っていなかったので写メは1枚も撮りませんでした(^^;

上乗せバトル(共にジャギ)で11時頃に「+333枚」で設定456確定、12時頃に「+60枚」で設定6確定といった流れでした。

僕はベットキャンセルして右下の表示で見ていました。

早い段階での確定だったので、後はブン回し体制でした。

マイスロはこんな感じ…。

2016y06m22d_1759500652016y06m22d_175922672

結局、開店から1度も椅子からケツが離れること無く22時過ぎにヤメました(^^;

結果的には…

北斗の拳 強敵

終盤で痛恨の1000ハマリ2連続…(^^;

約+31Kですが、出率を考えると4000枚近くは期待できる割なのでかなり悔しい結果ですね。

後半は特にキツイ展開で特に良い要素も皆無で、この部分が朝一だったらヤメてる可能性があったかも…。

根拠が強めだったのである程度は粘ると思いますが…。

強敵の6はマイナスだったという声も聞きますし、設定6で8万負けたなんて話も知り合いに聞きました。

ただ、まだメインで置いているホールもあると思うので高設定投入率は高いイメージです。

この日もやはりプロの方が4~5人はブン回し体制といった感じでした。

伝わってきた情報だと対面のシマの僕の真後ろも6確が出ていたようでブン回していました。

イベント規制の中で高設定確定演出がある程度出てくれる台はホントありがたいです。

また、機会があれば狙ってきます。

久々にブン回しましたが、快勝の時と苦しんだ時の疲れは一緒とは思えない…(^^;

今回は写メもなくメモ的な感じスイマセンでしたm(_ _)m

いつ何時も可能性を考えて、写メるようにしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す