スーパービンゴネオ ゾーン狙いヤメ時考察・周期前兆の特徴について

にほんブログ村 スロットブログへ

■ゾーン狙いヤメ時・周期前兆の特徴について

スーパービンゴネオのゾーン狙いの際のヤメ時について
考えてみたいと思います。

スーパービンゴネオはゾーン実践値から
444Gのゾロ目ゾーンが期待度約50%と激アツゾーンとなっているため
かなりのハイエナ台として注目されています。

実践値詳細⇒【実践値から見る天井・ゾーン狙い立ち回り・攻略

自分自身がゾーン狙いの初打ちの際に正直何が何やら分からなかったので今後打つことが多くなりそうなので勉強してみました(・_・;)

この台はザワザワすることが多く、かなりヤメ時が分かりづらそうです。

それでは、ご覧ください。




---------スポンサードリンク---------

周期の種類

スーパービンゴネオ ビンゴチャンス

まず、最初に知っておくべき事はスーパービンゴネオの周期抽選は2種類あります。

約100Gごとの周期抽選
ゾロ目G数到達時の周期抽選

①に関しては小役によって短縮抽選が行われているため実質約74G程度で周期を迎えるようです。

ゾーン狙いで狙っているのは444Gのゾロ目ゲーム数での周期ですね。

前兆とヤメ時

前兆に関しては、周期を迎える少し前から液晶がザワザワし始めます。

前兆の特徴
天空ステージ移行
●テンパイ出目、同色出目が頻出
●出目にFが出現(本前兆の期待度アップ)

前兆は約15~20G程度です。
スーパービンゴネオ 天空ステージ

そして、周期到達後に演出によって当否が告知されます。

主な演出は次の通りです。

周期到達時の当否演出
●セグってビンゴ
●スピンでビンゴ
●ロングリーチ3連続
●トゥインクルゲートちゃれんじ
●押しつぶせ演出

これらの演出でハズれた時がゾーン狙いの際のヤメ時の合図かなと思います。

おおよそ444Gから10G~20G程度でのヤメ時といった感じですね。

集中モード

スーパービンゴネオ

当否演出がハズれた後もザワザワしているのでヤメていいのかなと不安になります。

実際自分も訳が分からず様子見で回してしまいました。

これに関しては周期抽選非当選後は必ず通常以外の「集中モードに移行するため」です。

モードには…

●通常モード
集中モードA
集中モードB
集中モードC
集中モードD
集中モードE

集中到達期待度
A<B<C<D<E

とあり、集中モードは小役成立時の周期短縮抽選が優遇されていて移行した際はザワザワしやすいようです。

特に弱チャンス目、強チャンス目が周期到達のチャンスとなります。

ただ、ここまでカバーしてしまうとダラダラヤメ時が伸びてしまうことが考えられるため、現状では当否演出終了後にスパっとやめていこうと思います。

また、液晶に「メッセージ受信中」と表示されることがありますが、状態が高確である可能性を示唆しているようです。

高確中はCZ抽選や周期到達時のAT抽選が優遇されるようです。

出目の法則に関してもGOD系のように状態や前兆を示唆しているようで、中には確定パターン(出目合計「9」「19」、順目)もあるようですので注意しましょう。

■液晶出目期待度
()異色ばらけ目
(↓)異色テンパイ
(↓)異色ケツテンパイ
(↓)逆順目
(↓)同色ばらけ目
(↓)同色ケツテンパイ
(↓)同色テンパイ
(↓)Fが1個
()Fが2個

本前兆確定の出目
●出目合計「9
(例)①⑦①
●出目合計「19
(例)④⑧⑦
順目
(例)③④⑤

出目法則記事⇒【出目の法則【激アツ・確定】パターンも存在!

現状ではこれという正解はありませんので、スパっとやめるのもひとつですが様子を見るという方法もありなのかもしれないです。

この場合は特に出目に注意が必要ですね。

自分は当否演出後をヤメ時としてゾーン狙いをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す